スポンサーリンク

超簡単!減塩餃子レシピ【ズボラOLの食塩を控える自炊献立】

減塩生活中の皆様こんにちは。今日は、超簡単な減塩餃子レシピを紹介します。

餃子の皮から作るのは時間がかかるので、餃子の皮は1枚あたり塩分0.04gの市販の商品を使用しています。中の具を無塩で作り、酢コショウでいただけば、超減塩の餃子が簡単に手作りできました!

市販の冷凍餃子は1つあたり塩分が0.3gほどあるので、外食で食べるときは多くても3つくらいしか食べられないのですが、今回のレシピで野菜たっぷりで作れば、塩分・タンパク質制限がある人もかなり満足に食べられると思います!

では早速、「超簡単!減塩餃子レシピ」を紹介しますよ。

スポンサーリンク

超簡単!減塩餃子レシピ【ズボラOLの食塩を控える自炊献立】

減塩餃子の完成写真はこんな感じです。

初挑戦だったので、餃子の中の具が肉団子のように固くなってしまったのですが、「塩分が少ない」という安心感が一番の美味しさのような気がしましたw←

超簡単!減塩餃子レシピ

  1. 塩分が少ない餃子の皮を購入します。
  2. 餃子の具を作ります
  3. お肉はお好みで牛や豚のミンチ肉を。
  4. ニンニク・生姜・ネギ・白菜・キャベツなどお好きな野菜類をみじん切りにして、水分を十分に切って起きます
  5. 3・4を混ぜて、餃子の皮に包みます。
  6. ↑を焼けばオッケー!

塩分が少ない餃子の皮

インターネットを検索すると、餃子の皮から手作りした本当の無塩レシピを紹介している方もたくさんいらっしゃるのですが、今回は「超簡単」に重点をおいて市販の餃子の皮を購入しました。

私は、コープ生協で購入しました。

餃子の皮の栄養成分表示(塩分0.04g/1枚)

餃子の皮1枚あたりの栄養成分表示

  • エネルギー:15kcal
  • たんぱく質:0.4g
  • 食塩相当量:0.04g

1枚あたりの塩分が0.04gとは少ないですよね。餃子の具さえ食塩不使用で作れば、超減塩餃子が簡単に作れちゃいます!!

ただ、お肉などの食材自体にも塩分が含まれるので、今回紹介した減塩餃子レシピの餃子1つあたりの塩分量は「0.04g+α」で考えています。

お肉や魚に含まれる塩分量については以下の記事で分かりやすいと思います。減塩自炊派の方は是非是非ご覧下さい。

【肉・魚に含まれる塩分】自炊では調味料5g+素材1gを目指そう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回はかなりお肉が固くなってしまったので、次回はキャベツの量を増やして再チャレンジしてみます!!!

塩分やたんぱく質がコントロールされた冷凍弁当をストックしておくと便利です。こちらは上場企業が運営しているので安心の会社だと思います。 タンパク質と塩分の制限がある方に、たんぱく質調整食を【まごころケア食】
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク