スポンサーリンク

レトルトごはん(塩分0g)を活用して減塩献立を簡単にしよう|減塩外食を楽しむブログ

減塩生活をお過ごしの皆様、こんにちは。メインのお食事、炭水化物は、何を選んでいますか?パンやうどんには1食あたり1g以上の食塩が含まれているので、私は減塩のためにお米を食べることをオススメしています。

基本的には、自分でお米を炊いて冷凍保存していますが、炊き忘れた時に便利なのが真空パックのレトルトごはんです。白米タイプはたくさん発売されていますが、今日は10種穀物ごはんを紹介しますね!

日持ちもするので、私はこちらの玄米ご飯を会社にもストックしたり、宿泊の出張の時に持参したりしています。

スポンサーリンク

減塩食にオススメ!真空パックのレトルト10種穀物ごはん

パッケージはこんな感じです。私は生協コープの宅配で注文しましたよ。

栄養成分表示:塩分ほぼゼロ

非常に見にくい写真で申し訳ないのですが、栄養成分表示はこちらです。

栄養成分表示(150gあたり)

  • エネルギー:219kcal
  • タンパク質:5.4g
  • 食塩相当量:ほぼゼロ

かなりゴロゴロと豆類がたくさん入っているのに蛋白質5.5gというのも嬉しいポイントですね。

お豆ゴロゴロのご飯

電子レンジで温めるこんな感じてす。たっぷりお豆が入ってタンパク質6g以下とは、腎臓食の私には嬉しい限りです。

常温保存が可能なので、自宅だけでなく、会社のロッカーにでもストックしておくと便利です。スーパーやコンビニで、無塩の白米、無塩のおにぎりを見つけるのは結構難しいので。自炊弁当が作れなかった日は、会社の近くのスーパーでおかず・お惣菜だけ買って、こちらのレトルトご飯をレンジで温めて食べます。

ただ、このレトルトの白米は、100円均一などどこででも販売されているのですが、結構、味にバラツキがあって、不味いものはとてもじゃないけど食べられません・・。そこで個人的に気に入っているレトルトご飯を紹介しておきますね。

まず滋賀のみずかがみというブランドのお米です。レトルト白米によくある独特の臭みがなく食べやすいです。

次にこちらの越後製菓の玄米ご飯。玄米が好きな人にはオススメかなって思います。

私の白米の運用方法

やはり自分で炊いた、炊きたての白米が一番美味しいです。でも、仕事をしていると毎日、ご飯を炊くことができないので、基本的に週末に5合炊き12食分くらいの冷凍ご飯を作っておき、平日は基本的にこれを食べるようなフローで白米運用をしています。(←言い方w)

また、白米に無塩おかずを混ぜて冷凍しておくと、ご飯+おかずをおにぎりとして頂けるので、出張の移動中に食事を済ませたいときなどにも便利です。

ただ、冷凍ご飯のストックを切らせてしまった時や宿泊の出張の時のために、こちらのレトルトご飯をストックしておくと便利です!というお話でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。今日も美味しいお食事をご馳走様でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク