スポンサーリンク

腎臓食・蛋白質調整食品レビュー!ほぼゼロ無塩のパスタ・マカロニが超オススメ|ハインツプロテインコントロール

腎臓病で食事制限中の皆様、こんにちは。今回は、減塩ではなく蛋白質制限についての記事を書きたいと思います。

今日ご紹介したいのが、→ハインツ アプロテンたんぱく調整スパゲティです!

ほぼたんぱく質ゼロ、無塩なので、塩分・たんぱく質のコントロールに使うのはもちろん、カロリーアップの食材としても便利です。

スポンサーリンク

パスタは減塩自炊にオススメだが・・・・

以前、パスタは減塩にオススメの食材ですとご紹介したことがあります。例えば、うどんやパンに塩分が含まれているのに対して、パスタ自体には塩分が含まれていないので、塩なしのお湯で茹でれば無塩パスタになるので、自炊には本当に便利な食材です。(→塩分ゼロレシピ|野菜たっぷりの減塩パスタ

しかし、パスタなどの麺類はとてもたんぱく質が多いのです。

麺類・パスタはたんぱく質が多いのです。

例えば

  • 白米(150g)のたんぱく質が3.8g
  • ゆでうどん(240g)のたんぱく質が6.2g
  • ゆで中華麺(210g)のたんぱく質が10.3g
  • ゆでパスタ(220g)のたんぱく質が11.3g

(こちらの本を参考にしました「腎臓病の食品早わかり 」)

食事の主食を白米にするか、パスタにするかによって、たんぱく質の量は3倍近く違ってきます。

言い換えれば、

白米(3.8g)+お肉30g程度のたんぱく質

パスタをそのままで食べる(たんぱく質11.3g)

ということになります。

腎臓病で食事制限している人は、食塩だけでなく、たんぱく質を制限する必要がありますよね。塩分は極論、調味料なしで自炊すれば、ほぼ無塩食を作ることは簡単です。でも、たんぱく質はあらゆるもの、油・砂糖・でんぷん食品を除くすべての食材に含まれているので、私自身もたんぱく質制限に苦戦しています。

そこで、腎臓食のたんぱく質調整食品としてオススメしたいのが、ハインツ アプロテンたんぱく調整スパゲティです!ハインツは、ケチャップなどで有名な食品メーカーですよ。

たんぱく質制限にオススメ!ハインツアプロテンたんぱく質調整スパゲティ

まずは、ハインツアプロテンたんぱく質調整スパゲティ!!こちらば腎臓病の食事制限仲間の中でも愛用者が多い商品です。

栄養成分表示

  • エネルギー:357kcal
  • たんぱく質:0.4g
  • 食塩相当量:0.05g
  • カリウム:15mg
  • リン:19mg

とても優秀ですよね。リンクはこちら

ハインツアプロテンたんぱく質調整マカロニタイプ

先ほどのたんぱく質調整スパゲティタイプと栄養成分は同じですが、こちらはマカロニタイプとなっています。お弁当や副菜、カロリーアップ食材として使いやすそうだなぁと思って購入しました。

ハインツアプロテンたんぱく質調整スパゲティの味の感想

正直に申し上げます。

例えば、普通のパンと米粉のパン、好き嫌い、好みは分かれますよね。

この夏、食塩そうめん にはまりました。とても美味しいです。でも、昔食べていた塩分たっぷりのおそうめんと食べ比べると、「やはり違うな・・」と思いました。

このたんぱく質調整スパゲティも同様の感想です。

この蛋白質コントロールパスタだけを食べ続けていると慣れるし、美味しいと思います。でも、やはり普通のパスタを食べると、「やはり違うな・・」と。

遠回りな表現になりましたね。でも私はリピートしていく商品だと思います。

ハインツのたんぱく質調整食品のシリーズは、今回紹介したパスタやマカロニだけでなく、中華麺も販売されているようです。

余談ですが、無塩かつ無たんぱく質の食材でオススメなのは、マロニーと春雨です。カロリーアップにもなりますし、オススメです。

スーパーなどで見かけたことがないので、アマゾンでの購入が便利かなぁと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。今回は、腎臓病のたんぱく質制限のお話になってしまったので、減塩目的で読んでくださっている方には申し訳ありませんでした。

引き続き、減塩外食情報を発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

塩分やたんぱく質がコントロールされた冷凍弁当をストックしておくと便利です。こちらは上場企業が運営しているので安心の会社だと思います。 タンパク質と塩分の制限がある方に、たんぱく質調整食を【まごころケア食】
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク