スポンサーリンク

コンポタは1袋あたり塩分0.26g|減塩食にオススメのスナック菓子まとめ

減塩生活中の皆様、こんにちは。たまに、どうしても食べたくなるコンポタ。ご存知の方いらっしゃいませんか?

学生の頃、中学生や高校生のとき、学校の近くの駄菓子屋さんで、バレないように買い食いをした思い出とともに、今でもたまに食べたくなります。(世代がバレてしまいますかね笑)。30円くらいで売っていて懐かしいです。

ミニパック1袋あたり塩分0.3g程度なので、たまに食べる分には大丈夫かなぁと思います。

スポンサーリンク

スナック菓子コーンポタージュは減塩生活中でもたまには大丈夫そう

1袋30円くらいのコンポタ!ご存知の方も多いのではないでしょうかw

人口的な味なんですが、たまーに食べたくなるんですよね。

1袋20gあたり塩分0.26g

1袋あたり塩分0.26gであれば、たまに食べる分には大丈夫そうかなぁって思います。

1袋あたり0.3g程度のスナック菓子と言えば・・

一番のお気に入りは「減塩柿の種」(1袋塩分0.28g)

やはり変わらず、減塩柿の種が一番のお気に入りです。

しっかりと塩味を感じる美味しさです。他の味にも減塩シリーズを展開してほしいなぁと願っています。亀田製菓様、よろしくお願い申し上げます。

こちらの記事も人気です➡️食レポ【減塩30%亀田の柿の種】1袋(塩分0.28g)

じゃがビーはスナック菓子の中で圧倒的に塩分が少ないです

じゃがビーは、スナック菓子の中では圧倒的に塩分量が少ないです。だいたい1袋0.2〜0.4gくらいのイメージですかね。キャンペンの新しい味は塩分が多い印象ですが、減塩に最もオススメのスナック菓子だと思います。

こちらの記事も人気です➡️食レポ【じゃがビー・たらこ味】(塩分0.3g)

タニア食堂のおせんべい塩味クラッシュアーモンド味(塩分0.1g)

このタニタ食堂のおせんべいシリーズの減塩に便利です。

1袋あたり塩分0.1gにして、甘いじょっぱい味を楽しむことができます。硬いので食べ応えもありますしね。

こちらの記事も人気です➡️食レポ【タニタ食堂のおせんべい】塩味クラッシュアーモンド味(塩分0.1g)

こんな感じですかね。

減塩食にオススメのスナック菓子あれば、教えてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

塩分やたんぱく質がコントロールされた冷凍弁当をストックしておくと便利です。こちらは上場企業が運営しているので安心の会社だと思います。 タンパク質と塩分の制限がある方に、たんぱく質調整食を【まごころケア食】
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク